お知らせ

 <学校生活におけるマスク着用について>

児童のマスク着用に関しまして、松山市教育委員会からMACメールによるお知らせがありましたように、今後の対応についてお知らせいたします。なお、さまざまな理由によってマスク着用を希望する児童に対しては、熱中症対策について御家庭でもお話しいただき、自分の体調に応じた対応ができますようお願いします。

【マスクの着用が不要な場面】

●屋外の運動場、プールや屋内の体育館等を含めた体育の授業
●夏場においての登下校時

●屋外で会話をほとんど行わないことが想定される教育活動(自然観察、写生活動等)

●休憩時間における運動遊び(密にならない外遊び、ランニングなど離れて行う運動等)


 


<マスク着用のお願い>

 マスク着用についてお願いしているところですが、今後の暑さ対策や個々の児童の事情により、マスク着用しない場面が発生すると思います。マスクを着用しない場合は、他者との距離を取り、会話を控えるように指導しています。ただし、学級内で陽性者が判明した場合、活動内容や状況によっては、マスク着用の児童より未着用の児童は感染の可能性が高くなります。マスク未着用(鼻出しマスク、あごマスク)の児童は、報告が必要となり、保健所等より濃厚接触者の特定を受ける場合がありますことを御承知おきください。今後の感染防止の御協力と御支援をお願いします。

<検査を受ける場合の学校への連絡について>

 ○ お子様及び同居のご家族の方が、医師や保健所等の判断によりPCR検査や抗原検査を受けることになった場合は、直ちに学校へ連絡をお願いします。その後、検査の結果が判明次第、改めて連絡をお願いします。

 ○ 夜間や休日等、学校への連絡がつかない場合は、松山市役所の代表電話(948-6688)に連絡してください。

 風邪の症状や体調不良の際は、登校を控え、病院等での早めの受診をお願いします。

 

<新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金について>

令和3年8月1日から令和4年3月31日までの間に、以下の子どもの世話を保護者として行うことが必要となった労働者に対し、有給(賃金全額支給)の休暇(労働基準法上の年次有給休暇を除く)を取得させた事業主は助成金の対象となります。

① 新型コロナウイルス感染症に関する対応として、ガイドラインなどに基づき、臨時休業などをした小学校など(保育所等を含みます)に通う子ども
② 新型コロナウイルスに感染した子どもなど、小学校などを休む必要がある子ども

詳しい文書 → 小学校休業等対応助成金.pdf

 

<新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金・支援金」期間延長のお知らせ>

・新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金 04_小学校休業等対応助成金リーフレット.pdf

・新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応支援金(委託を受けて個人で仕事をする方向け)03_小学校休業等対応支援金リーフレット+.pdf

・小学校休業等対応助成金に関する特別相談窓口について05_特別相談窓口・個人申請リーフレット.pdf

掲示板

学校からの連絡

感染症対策のお知らせとお願い

2月4日発出の文書でお知らせしたとおり、保健所からの要請に基づき、校内において濃厚接触者のあるものの特定するための調査及び候補者リストを作成します。作成した情報は、市教委と保健所が協議し、学校に対して指示が行われます。

2月4日以降、校内で陽性者が確認された場合は、学校が聞き取り調査を実施し、校内に濃厚接触者がいれば、保健所と協議することになりますので、御理解くださいますようお願いいたします。保護者の皆様には、御心配をおかけしておりますが、感染拡大防止のため、改めてお子様の健康状態の把握ならびに学校との連携等に関し、下記の事項に御協力くださいますようお願い申し上げます。

1 学校への登校について

 ○ お子様及び同居の御家族の方に、発熱やのどの痛みなどの風邪症状が見られた場合や、病院・保健所等でPCR・抗原検査を受けることになった場合は、登校を控えていただき、御家庭で休養させてください。

 ○ 同居の御家族が職場等の接触により濃厚接触者となっても検査が実施されない場合があります。その場合は、本人や同居の御家族の体調等を確認の上、登校を判断してください。心配な場合は、御家庭で休養させてください。

2 学校への連絡について

 ○ お子様本人や同居の御家族の方が、病院・保健所等でPCR・抗原検査を受けることになった場合は、検査日当日の朝、学校へ連絡をお願いいたします。

 ○ 検査の結果が判明次第、改めて連絡をお願いします。

マスクについてのお願い

マスクは布やウレタンよりも、不織布の方が効果が高いことが示されています。すき間のないよう顔にフィットさせ、正しくご利用ください。

子どもたちのマスクについても、新しく購入する際などは、不織布のマスクにされるなど御協力をお願いします。

内閣官房新型コロナウイルス感染症対策のホームページ マスクについて

濃厚接触者の自宅待機期間が「10日間」に変更

これまでは2週間であった濃厚接触者の自宅待機期間が「10日間」に変更になりました。

オミクロン株患者の濃厚接触者の自宅待機期間は、「感染者と最後に濃厚接触をした日の翌日から10日間」です。

なお、検査が陰性だった場合、社会機能維持のため、各自治体の判断で10日を待たずに待機を解除する取扱いを実施できる旨が示されていますが、松山市立小中学校の教職員が濃厚接触者になった場合でも待機を解除せず、10日間の自宅待機となっています。教職員も安全確保に努めたいと思います。御理解と御協力をお願いします。

 

臨時下校時の調査について

感染拡大が続いています。本校においても今後の対応に備えて、「臨時下校」時の各御家庭での対応について確認させていただきます。各児童の対応について必要事項を記入の上、期日までに御提出してください。裏面には、家庭保管用のメモ欄があります。御活用ください。

 

臨時休業のお問い合わせについて

臨時休業においては、保護者の皆様に御迷惑と御心配をおかけします。お子様の安全確保のために御理解と御協力をお願いいたします。

臨時休業の際に「学年」「組」「臨時休業の期間」等のお問い合わせにはお答えができません。保健所による聞き取り調査や検査等により、対象範囲及び期間が拡大する場合があるためです。また、学校再開のお知らせの時期についても、松山市教育委員会の指示による連絡になりますので時間がかかることを御了承ください。

学校では、感染防止対策の強化、児童の安全確保に努めてまいります。御家庭に置かれましても、登校前の検温、感染防止対策等をよろしくお願いいたします。

 

臨時下校・臨時休業・学校再開の連絡についてのお願い

臨時下校・臨時休業・学校再開の連絡についてのお知らせをします。

① 臨時下校・臨時休業・学校再開は、松山市教育委員会の指示の下、情報を発出しています。状況に応じての動きになりますので、急な対応になることを御了解ください。

② 臨時下校・臨時休業・学校再開の連絡は、MACメールで行います。諸事情あることと思いますが、受信確認できるようにお願いします。

③ 臨時下校・臨時休業・学校再開の連絡を受信した際の「学校への問い合わせの電話」は、お控えください。保健所、市教委等の関係機関との連絡調整に複数回線を使いますので、お願いいたします。

④ なお、土曜日、日曜日、休日等の学校閉庁日は、職員は出勤していませんので、電話を受けることができません。MACメールやホームページは、急の指示に対応するために学校外からも発出できる対策を取っています。